あごにできる大人ニキビ対策あれこれ



トップページ >冬のニキビ対策> 乾燥する冬のスキンケアに注目の保湿成分は

乾燥する冬のスキンケアに注目の保湿成分は

これからスキンケアの難しい季節になってきます。

何故難しいのかというと、

乾燥する冬は皮膚の角質層が硬くなり、毛穴も締まりがちになるから。

要は、詰まり易くなってくるんですね。

この締まった毛穴を開くことが一苦労・・・

そして、この毛穴を開くには潤いが重要になってきます。

「十分な水分補給」「お肌への保湿スキンケア」「体を冷やさない」など、乾燥対策については、あなたもご承知の通り。

そこで、今回は保湿成分に注目していきます。


保湿成分については、"名前が聞いたことはあるけれど、どんな効果があるのか"は意外と知らないもの。
そこでニキビケア化粧品に含まれる代表的な保湿成分に注目していきましょう。

保湿成分

セラミド ・・・ 水分の蒸発を防いだりキメを整えるなどのバリア機能を高めます。
ヒアルロン酸 ・・・ 200倍以上の水分を蓄えることが出来るなど潤いを高める機能があります。
グリセリン ・・・ 吸収力が高く、肌を柔らかくします。
コラーゲン ・・・ 分子が大きく浸透しないので、膜をつくりバリア機能を高めます。
リビジュア ・・・ 保湿力はヒアルロン酸の2倍。潤いを高める機能があります。
スクワラン ・・・ 皮膚表面の滑らかさと水分を保ちます。


他にもいろいろありますが、ニキビケア化粧品は、これらの成分に注目してください。

>>これらの保湿成分を配合したニキビケア化粧品の紹介

皮脂がニキビの原因というイメージもありますが、毛穴の詰まりがほとんど。
そういう意味では、夏のスキンケアより気を使います。

冬は、ニキビの出来やすい肌になっているので、保湿重視のスキンケアを常に心がけたいですね。


Page Top ▲