あごにできる大人ニキビ対策あれこれ



夏のニキビケア!ガッテン塗り+ニベアに初挑戦

夏のニキビケアには潤いが1番!

多めの水分補給とスキンケアで内と外から潤い補給です。

そこで今年の夏はガッテン塗りに初挑戦!



「なんで今更」という声も聞こえてきそうですが、ニキビ肌にハンドクリームって・・・

Page Top ▲

夏にニキビが悪化しないように|保湿を十分におこなう

ニキビに乾燥は禁物ですから、ニキビ肌の人は保湿に1年を通じて十分に注意はしていると思います。
しかし、夏場はどうしても紫外線対策に重点を置いてしまいがち。

確かに、紫外線対策は十分に行わなければいけないものですが、それと同じ位、肌を保湿することも忘れてはいけません。

これだけ暑いとどうしても汗をかきます。この汗が冷えて蒸発すると、肌の水分も一緒に奪われてしまいます。
また、冷房が効いていると部屋が乾燥するので肌も乾燥状態に。
他にも、UVケア化粧品を肌につけているせいか、洗顔もいつもより強めになってしまう事も、肌の保湿バランスを崩しこちらも乾燥の大きな原因に。

このように夏場だって肌は乾燥するんです。

それでも、汗により肌が潤っているような錯覚をしてしまい、乾燥には気づきにくくなっているので保湿ケアにまで気がいかなくなってしまいます。



夏の保湿にはどのような効果があるのか
夏になると、海や山など紫外線の強い場所に行く機会も増えてくると思います。
紫外線対策を行わなければ、肌が炎症を起こし、軽くやけどした状態になるのはご存知の通り。その為の紫外線対策なのですが、潤いのある肌も炎症を防ぐので、保湿も紫外線対策になるんです。

汗をかくと化粧品と混じってしまい、メイク崩れの原因に。メイクが崩れると、せっかく紫外線対策をしたメイクの効果も半減しますが、これも保湿する事で防ぐことができます。
また、この時期の保湿はどうしても肌がベタつくので、さっぱりしたものになりませんか?しかし十分な保湿は、活発になった皮脂の分泌を抑えることもできるのです。

このように改めて見ると、保湿の重要さが分かりますね。

朝の保湿は、紫外線や冷房などといった刺激から守るため、夜の保湿は、日中にダメージを受けた肌をケアするためとしっかり役割があります。
夏だからこそしっかり保湿対策をとりましょう。

暑い夏が終われば、今度は空気が乾燥する冬に向います。

それまでお肌のダメージをあまり残したくないものですね。


Page Top ▲

夏にニキビが悪化しないように|紫外線対策は万全ですか?

夏はニキビが出来やすい時期。その原因はパッと思いつくだけでも、

・汗をかくので毛穴に皮脂が溜まりやすい
・汗を拭くときに擦ると菌が入り炎症を起こす
・紫外線が強く肌に対する刺激が強い
・ビールなどのアルコールの摂取が普段より多くなる
・冷房にあたりすぎによる肌の乾燥

など、こんなにニキビになりやすい条件が揃っています。

では、具体的にどのような対策をとればよいでしょうか。

まずは、紫外線対策から考えていこうと思います。
UV化粧品は、すでにお持ちであると思いますが、肌への負担になるものは使っていないでしょうか?
「SPF・PA値が高くなれば、それだけ肌の負担になることは分かっているので、ちゃんと薬用のものを使っている」という方。
たしかに、ニキビ肌に対してしっかり対策をとられていますが、もう少し肌への負担を減らすことができます。

例えば、同じ薬用の化粧下地でも、SPF・PA値の低いものを選び、その分、ファンデをミネラルファンデにして補う
これでも、少し負担を減らすことができます。


また、目的に合った正しいUVケア化粧品を選ぶのも大事。
"大は小をかねる"ではないですが、SPF・PA値の高いものをつけていれば安心な感じはします。
最近では、高くても肌の負担になりません」とい化粧品も多くなりましたし、なおさらではないでしょうか。

しかし、一般的には普通の生活ならSPF15~20、PA++で良いとされています。

参考までに、SPF値とPA値の目安を簡単にまとめてみました。

SPFの目安
SPF15~20 日常の生活程度(通勤・お買い物・室内での活動 通勤・お買い物・室内での活動
SPF20~30 屋外活動 スポーツ・レジャー
SPF40以上 日差しの強い場所 海・山

PAの目安
PA+ UV効果あり
PA++ UV効果かなりあり
PA+++ UV効果非常にあり

このように目的に合った値のUVケア化粧品を使うことも、ニキビ対策になりますね。

夏場にスキンケアを怠れば、肌にダメージが蓄積、それが原因で夏の終わり頃に突然ニキビができるケースも多いのです。
今、ニキビができていなくても、油断は禁物!
ニキビ肌の方も、そうでない方も正しい紫外線対策で少しでも肌へのダメージを減らしましょう。


Page Top ▲