あごにできる大人ニキビ対策あれこれ



トップページ >花粉によるニキビ対策> 花粉の多い季節のニキビ対策

花粉の多い季節のニキビ対策



花粉が多くなると、ニキビが酷くなる人やこの時期だけニキビが出来る人が多くなります。

花粉症は、春先に飛散するスギやヒノキでなる方が多かったのですが、最近はスギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ・・・など様々な種類の花粉に反応する方が増えてきたため、もはや通年の心配事になってきました。


花粉はニキビができやすい環境を作る



花粉が皮膚につくと花粉を排出しようとアレルギー反応が起こり、かゆみ、カサつきの原因となります。
これにより、お肌のバリア機能が弱くなり、乾燥状態に・・・

ニキビができやすい環境となる訳です。

花粉と言えば、どうしてもマスクをしたくなりますが、肌に当たる刺激マスク内に湿気が貯まり雑菌が繁殖するなどでニキビには良いものではありません。

そこで、花粉の時期はどの様にニキビ対策をすればよいのでしょうか。



マスクの選び方



出来ればつけない方が良いのですが、花粉症がひどい方はやはりそうもいけません。

ですから、マスク選びにも注意が必要です。

ニキビの事を考えた場合、おすすめは衛生的な使い捨てタイプ。
これだと不織布マスクが一般的になります。

ただ、肌の弱い人には向いていないので、肌の刺激を考え、少々割高になりますが、敏感肌用を選びましょう。
それでも繊維が合わずに悪化する恐れもあるので、合わないと感じたら間にガーゼを1枚挟むとよいですね。

更に固くなくて大きめだと肌への刺激を抑えることが出来ます。

後は、屋内などマスクが外せる場所にいるなら、なるべく外して刺激を避けると同時に、
湿気が貯まる事を避けて雑菌の繫殖を抑えましょう。



季節に合った対策を



花粉にばかり気を取られて、季節によってのお肌の状況の変化をおろそかにしがち。
季節によって変化する肌の状況に合った対策をしましょう。

例えば、

春・・・気候や温度変化が大きくなり乾燥しがち
夏・・・湿度が高くベタつきがち
秋・・・夏の肌ダメージ、季節の変わり目で抵抗力が落ちる
冬・・・気温が下がり、乾いた空気となり乾燥

これは地域によってもズレたり違いもあるでしょうが、乾燥するなら保湿成分が強いニキビケア化粧品を、
汗の量が多くなってきたら、少しサッパリ系のニキビケア化粧品へ変えてみるといいかもしれませんね。


基本はスキンケア



花粉が原因のニキビだからと言って、特別なニキビケアをというものはありません。
普段のニキビ対策と同じケアが基本。

ニキビの改善が期待できる成分を含むニキビケア化粧品を使い、
「毛穴の汚れを刺激せずにしっかりと洗い流し、保湿する」これに尽きます。


オススメ!ニキビケア化粧品

【ORBIS】クリアシリーズ
ポイント

・コスパがよく継続利用出来る
・サッパリ系としっとり系を使い分けれる
・100%オイルカット処方

>>もう少し詳しく

他社のニキビケアシリーズよりは、コスパが良く継続して使いやすいです。
化粧水と保湿液は、それぞれ「サッパリ」と「しっとり」から選ぶことが出来るので、肌の状態に合わせて選べるのが特徴。
普段はしっとり、夏限定でサッパリになど季節によって変えてもいいかも。
とにかく刺激にならないように意識した大人ニキビ用のニキビケア化粧品です。

お試しセットの申し込みはコチラ

【継続して使うなら】ORBIS(オルビス)公式サイトへ>>




Page Top ▲