あごにできる大人ニキビ対策あれこれ



秋のニキビ対策

前回の記事でも書きましたが、まずは夏の間ダメージを受けた肌を元に戻すことからはじめます。
セラミドやヒアルロン酸配合がされた化粧品などを使用して潤いを取り戻しましょう。

そして、次に注意したいのが洗顔について
毛穴を塞がないようにする為にも洗顔はニキビ対策の基本ですが、夏のスキンケアのままではいけません。

夏はいつもより汗をかくので、、皮脂の分泌も普段より出ているイメージからか洗顔も強めに行っています。
しかし、秋になり分泌も抑えられるので、夏の様な洗顔では刺激になる可能性もありますね。

これから冬にかけて、空気もだんだんと乾燥してきます。
肌の水分が蒸発しやすくなるので、保湿の高いジェルやクリームでしっかり蓋をすることも忘れずに
オイリー肌の人はテカるの嫌い塗らない方が多いのですが、蓋をしなければすぐに乾燥しオイリー肌を加速します。
あとは、水分補給も忘れずに。内と外から潤いを補いましょう。

意外と忘れられるのが紫外線対策。
夏ほどではないですが、昨年の1年間の紫外線量を見ても、9月・10月は紫外線量も多く、まだまだ油断できません。

こちらもあわせて、注意してください。

「お肌の回復と同時にケアもしなければ」とやることが一杯で大変すが、ニキビ跡を残さないためにも、がんばりましょう。


Page Top ▲

秋になったら急にあごニキビが・・・夏のダメージが残っていませんか

「夏にはなんとも無かったのに、涼しくなった途端、急にあごにニキビができた・・・」

という方は、肌がヘタっている証拠。

夏は汗をかくので、どうしても皮脂の分泌量が多くなります。そうなると、毛穴が詰まりやすくなったり、角質が厚くなってきます。
更に、あごの部分は、汗を拭う時などに雑菌が入りやすくなっています。
一方、冷房のあたり過ぎ、紫外線などにより、肌へのダメージがどんどん蓄積されて・・・ちょうど抵抗力が無くなった秋ごろに、一気に爆発!

これが、急にできたあごニキビの原因なんですね。
この状態だと、肌もMAXで弱っている証拠ですから、十分なスキンケアが必要になります。

まず、やっておきたいのは保湿。

夏の間、紫外線にあたり続けると日焼けします。これは、当たり前の事ですが、日焼けは肌が炎症を起こした状態ですから、十分に保湿しないと肌が常に乾燥している状態になっています。

もし、海で日焼けをしたなど、普段より過度の日焼けをしたのなら、冷やすことは大事ですが、保湿も十分にしなければいけません。
これが夏の間、十分にできていなかった可能性があるので、今からでもしっかりと保湿をしましょう。

保湿は、季節を問わず、気を緩めてはいけないスキンケアです。
秋から冬にかけては、空気が乾燥するため、肌の水分が蒸発しやすくなるので、さらに保湿にも気をつけなければいけないですね。


Page Top ▲

秋のピーリングは注意?

角質が厚くなることもニキビの原因です。
こうなると角質を取り除く手段にピーリングを行う人も多いですが、初秋の時期は要注意。

「なぜ?」

と思う方もいるでしょうが、これには、肌が蓄積した夏のダメージと関係しています。

紫外線、冷房、食欲不振など、肌は思った以上に弱っています。このような肌の状態のときのピーリングは、とても危険。

ピーリングは効果的なケアですが、肌の調子が良いときに行わないと、逆に刺激となり、ニキビ悪化の原因にもなりかねません。
ですから秋は、まず、お肌の調子を取り戻すことが先決です。

夏よりは秋の方が過ごしやすいですから、食欲も戻るだろうし、冷房にあたる機会もなくなります。
保湿だけはいつもより気をつけて、あとは普段通りのスキンケアで、お肌も徐々に回復してくるでしょう。

「今年の夏は、日に焼けた」「冷房にあたり過ぎた」などの心当たりのある人や急に化粧のノリが悪くなった人は、肌に夏のダメージが残っている可能性が・・・


Page Top ▲