あごにできる大人ニキビ対策あれこれ



あごにできたニキビ跡には

あごにニキビ跡ができた方の多くは、「なかなか消えない・・・」と悩んでいます。
目立つ部分にできてしまうものなので、早く治したいものですが、一旦できてしまったニキビ跡は、正直なかなか治らないのが現状です。
こうなると、皮膚科での治療が最善と考えられますが、行く時間がない・・・などの理由から、どうしても自宅ケアが主になる方は、以下のような方法があります。


高濃度ビタミンC
ニキビ跡をうすくする効果があります。
ただ、高濃度ビタミンC自体は浸透がしにくいものですから、ニキビケア化粧品では、ビタミンC誘導体が配合されているものを選び、普段のスキンケアに利用してみましょう。


ピーリング
ピーリングにより、余分な角質を取り除きく皮脂の詰まりをなくしたり、ターンオーバーを促進させる事であごのニキビ跡を薄くする事ができます。
ニキビケア化粧品のラインに、ピーリング化粧品が含まれているものもありますが、最近ではピーリング石鹸も人気ですね。
ピーリング石鹸は、AHA(角質を除去する成分)の濃度で決まるといっても過言ではありませんが、まずは、自分のお肌に合ったものを優先に選んでみてください。


サプリメント
ビタミンの摂取やプラセンタによる活性酸素を除去を目的にサプリを利用する手もありますが、どうしても体内に入れるものなので副作用も考えられます。
まずは、ニキビケア化粧品やピーリングをおすすめします。


赤みの残るニキビ跡には高濃度ビタミン、凸凹ができて陥没したようなニキビ跡にはピーリングが向いています。
ただし、状態が悪いニキビ跡(特に陥没型)はセルフケアでは厳しいものも・・・皮膚科への通院も考えましょう。

何れにせよ、、ニキビ跡は解消するまでに時間がかかるということは、忘れずに。
あせって、過剰なスキンケアをしたり、触ってみたりなど刺激を与えることは禁物です!


Page Top ▲